「燕は戻ってこない」 桐野夏生

夫婦ともども桐野夏生が好きで、「OUT」や「ポリティコン」、「東京島」など何年かに一度、桐野夏生の作品世界に没入しますが久しぶりに桐野夏生の最新長編「燕は戻ってこない」を読みました。
桐野夏生らしい人間の醜い部分、弱い部分、隠しておきたい部分を露わにする作品世界や読者をぐいぐいと引き込むストーリーテリングの力にまたいつもの感じがきたなと思いながらページを捲りました。
作品の内容自体は省略しますが、今回の「燕は戻ってこない」は記憶する今までの桐野作品とは異なり、ハッピーエンドというか、希望を少しのぞかせて終わったような、今までとは違う読後感がありました。
面白い小説家、作家って読んだ本だけに終わらず、他の作品にも手を伸ばしたくなるものです。
もう一冊、桐野夏生の作品世界に入りこみたいなとまだまだ余韻に浸っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。