新刊情報

「ジブリの立体建造物展 図録〈復刻版〉」スタジオジブリ編(トゥーヴァージンズ) 入荷後すぐに売れた本。当本屋の定番入り確定。切らさずに入荷します。

【新刊案内】

「丹下健三都市論集」豊川斎赫編(岩波文庫) まだまだ素人本屋の域を出ないと自覚していますが、岩波文庫の新刊を入れるだけで素人本屋に少し毛が生えたような気がします。 さすが岩波文庫。

ベトナムの列車にて。

ベトナム・ハノイからラオカイへ向かうローカル列車。 前に座っていた若い女の子。寝顔が可愛らしくて思わずパシャリ。 そしてしばらく経って起きた! 笑顔も可愛い女の子でした。 これが2012年の出来事だから、この女の子も今で...

旅の辺境あるある 前編

アフリカの「小さな国」ーコートジヴォワールで暮らした12ヶ月 大林公子 著 西アフリカの小さな国コートジヴォワール。 日本がたまにサッカーの国際試合で対戦する時にたまに耳にする国で、実際にコートジヴォワール人と会ったこと...

9年ぶりのチャリダーとの再会。

先日の営業中、久しぶりにある旅人が本屋にやってきてくれた。 それは和歌山出身のチャリダー(自転車旅行者)であり、世界一周を目指し、世界を自転車で走破する青年、廣井兼資(ひろいかねとも)くんである。 総訪問国数53ヵ国。総...

新刊が売れて嬉しい

【営業日記 2021年6月5日】 土曜日の日中の営業は父親に店番をお願いしており、夜の営業の為店に来て、昼間の売り上げや売れた本を確認する。今日の日中の営業では7冊売れ、その中に新刊本が混ざっていて、思わず二度見をしてし...

今週の入荷本です。

今週の入荷本です。 今週は海外ノンフィクションが多めです。 個人的に「父と息子のフィルムクラブ」が読んでみたいです。 自分も今まさに子育て真っ只中。何が正解かなんて分からないから不安になる中、子育てのヒントになりそうで興...

赤塚不二夫自叙伝 これでいいのだ

あのタモリさんが赤塚不二夫の葬儀・告別式の弔辞で発した言葉があります。 私もあなたの数多くの作品の一つです。 天才バカボン、おそ松くん、ひみつのアッコちゃん数々の名作を生み出した稀代の漫画家、赤塚不二夫。 きっとタモリさ...

僕のアナザースカイ

約半年間、ワーキングホリデーで過ごしたオーストトラリア・ウルル(ウルルは現地の人が元々呼んでいた名称で後から来た西洋人が名付けたのがエアーズロック) 砂漠の真ん中にあるこのウルルの為に作られた街ユラーラにあるエアーズロッ...

世界でいちばん好きな場所

僕の好きな古いpen。特集は「世界でいちばん好きな場所」。 自分の本屋もいつか誰かの「世界でいちばん好きな場所」と言ってもらえるよう頑張ります。