本日の旅の一枚 ペルー・ボリビア国境

南米、ペルーとボリビアの国境。

橋を渡った対岸は別の国。

インディヘナのおばちゃん達が日常のように軽々と国境を跨いでいく。

日本でいう県境を跨ぐような感じでしょうか。

旅行作家の下川裕治氏の言葉に「グラデーション国境」というものがある。

国境を越えると劇的に色が変わるわけではなく、国境が近づくにつれ、民族や文化や風土がまさにグラデーションのように少しずつ変化していく。強く意識していないと変化に気づかないような、そんなグラーデーション国境が世界中に溢れている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。