イハラハートショップ井原万見子さん×すけのあずさトークイベントを終えて

9月10日(土)の晩。

こちらの旧田島うるし工場では、恒例のそうげん堂との夜カフェ+トークイベントを開催しました。

今回は日高川町(旧美山村)から本屋イハラハートショップの井原万見子さんと私の妻でイラストや絵本を描くすけのあずさをお招きしました。

ちょうど今月9月16日金曜日からイハラハートショップにて今年の2月にBL出版より出版された妻すけのあずさのデビュー絵本「うみのハナ」の原画展を開催していただき、それに合わせたトークイベントでした。

トークイベントの最初の方は会場の誘導などでバタバタしていて、ゆっくりと聞くことが難しかったですが、中盤以降はゆっくりと2人のお話に耳を傾けることができました。

2人のトークは基本的には原画展を開催する側の井原さんがすけのあずさのこれまでの活動や経験、そして絵本「うみのハナ」についての話を掘り下げて聞いてくれました。

結婚後、夫婦で行った約2年間の世界一周ハネムーンの話や帰国したあとの田舎暮らし、三重・四日市の子どもの本屋「メリーゴーランド」にて開かれている絵本塾に通った話や絵本「うみのハナ」に託された想いの話など、自分が知ってることも、もちろん知らないこともたくさんありました。

家に帰るとまだまだ手がかかる2人の娘がいて、家にいるときに僕が話すのは、イラストや絵を描くすけのあずさではなく、家事や子育てにてんてこ舞いの妻の助野梓です。

「うみのハナ」が誕生するまでの苦悩や挫折や何度も絵本の舞台となった和歌山市雑賀崎に足を運んだことなんかをゆっくりと2人で膝を突き合わせて聞くなんてことはありませんでした。

来ていただいたお客様が作品の裏のストーリーを初めて聞いたように、僕自身にもまた初めて知る話が多くて、自分自身にとって大変意義深いトークイベントでした。

願わくば、家でももう少し妻の日々の制作内容について耳を傾けたいと思いますし、ぜひ井原万見子さんとすけのあずさ2人のトークイベントをまた今後も開催していきたいと思いました。

また次回も楽しみにしていてください!

【今週の古書入荷情報 2022.9.16】

今週の古書入荷情報です。

もちろんこれ以外も続々と入荷しています。

ご来店心よりお待ちしております。

「ストックホルムのキッチン」 ジュウ・ドウ・ポウム (主婦の友社)

「韓国まんぷくスクラップ」 浜井幸子 (情報センター出版局)

「旅鞄いっぱいの京都・奈良 〜文房具と雑貨の旅日記〜」 堤 信子(枻出版社)

「大佛次郎セレクション 白い夜」 村上光彦 編・解説

『結局、どうして面白いのか 「水曜どうでしょう」のしくみ』 佐々木玲仁 (フィルムアート社)

「ノミ サーカスへゆく」 文・金井美恵子 絵・金井久美子 (角川春樹事務所)

「夏物語」 川上未映子 (文藝春秋)

「私家版・ユダヤ文化論」 内田樹 (文藝春秋)

「同時通訳はやめられない」 袖川裕美 (平凡社)

「知立国家 イスラエル」 米山伸郎 (文藝春秋)

「〈子〉のつく名前の女の子は頭がいい 情報社会の家族」 金原克範(洋泉社)

『丸山眞男と田中角栄 「戦後民主主義」の逆襲』 佐高信・早野透 (集英社新書)

『生きていくためのクラシック 「世界最高のクラシック」第II章』 許光俊 (光文社新書)

イハラハートショップ・井原万見子さん選絵本フェアも開催中

9月10日土曜の夜18時からはそうげん堂×OLD FACTORY BOOKSのトークイベント。

今回は日高川町(旧美山村)からイハラハートショップの井原万見子さんをお招きし、9月16日(金)から9月27日(火)までイハラハートショップにて開催される、妻すけのあずさ「うみのハナ」の原画展に合わせて、井原万見子さんとすけのあずさのトークイベントを開催いたします。
井原さんがすけのあずさに絵本に込めた想いやこれまでのこと、そしてお互いに絵本や本屋についてお話します。

それに合わせて当本屋では、イハラハートショップ店主の井原万見子さんに今回のために絵本を選書していただき、展示・販売をしています。

こちらの絵本のお話も10日のトークイベントでもさせていただきます。お時間ございましたらぜひお待ちしております。


「アンジュール ある犬の物語」 ガブリエル・バンサン

「なみ」 スージー・リー(講談社)

「おーい、こちら灯台」 ソフィー・ブラッコール  (評論社)

「よあけ」 あべ弘士 (偕成社)

「100年たったら」 文・石井睦美 絵・あべ弘士 (アリス館)

「旅の絵本Ⅶ 中国」 安野光雅 (福音館書店)

「旅の絵本Ⅷ 日本」 安野光雅 (福音館書店)

「おおきなきがほしい」 ぶん・さとうまさる/え・むらかみ つとむ (偕成社)

「おばあちゃんをすてちゃいやだ!! パキスタンのむかしばなしより」 文・福井達雨 絵・馬場純子

「道成寺 安珍と清姫の物語」 文・松谷みよ子 絵・司修

「モチモチの木」 作・斎藤隆介 絵・滝平二郎 (理論社)

「日本の神話えほん 第2期」 文・ふしみみさを 絵 ポール・コックス

「花さき山」  文・斎藤隆介 絵・滝平二郎 (岩崎書店)

「夜のあいだに」 文 テリー・ファン&エリック・ファン (ゴブリン書房)

「中国の昔話 九色のしか」 文 リン・シュウスイ 絵 リャオ・ジャンホン (あかつき)

「ルリユールおじさん」 いせひでこ (講談社)

「木のうた」 作 イエラ・マリ (ほるぷ出版)

「なまえをつけて」 詩・谷川俊太郎 絵・いわさきちひろ (講談社)

「ぼくのたび」 みやこしあきこ (ブロンズ新社)

「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」長谷川義史(BL出版)

「いいから いいから」 長谷川義史(絵本館)

「新世界へ」 あべ弘士 (偕成社)

「幻の長くつ下のピッピ」 高畑勲・宮崎駿・小田部羊一 (岩波書店)

「ルピナスさん 小さなおばあさんのお話」 (ほるぷ出版)

「いのちの時間 いのちの大切さをわかちあうために」 作 ブライアン・メロニー 絵 ロバート・イングペン (新教出版社)

「ひとりひとり」 詩・谷川俊太郎 絵・いわさきちひろ(講談社)

「あらしのよるに」 作・きむらゆういち 絵・あべ弘士(講談社)

「かみながひめ」 ぶん・ありよしさわこ え・あきのふく

【古書入荷2022.9.9】

今週もどうぞよろしくお願い致します。

「読書のちから」 若松英輔 (亜紀書房)

「スタンド・バイ・ミー」スティーブン・キング(新潮文庫)

「ライカでショット! 私が歩んだ道と時代」 笹本恒子 (新潮文庫)

「清貧の思想」 中野孝次 (草思社)

「武士の娘」 杉本えつ子(ちくま文庫)

「続・涼しい脳味噌」 養老孟司(文藝春秋)

「スカーレット・ヨハンソン 彼女が愛される理由」 ブランドン・ハースト(P-VINE BOOKS)

本日の古本入荷情報です

気になる本ございましたら、instagramやこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

「一枚の絵葉書」 沢野ひとし (角川文庫)

「スイス 花の旅」 中塚裕(中公新書)

「絶望名人カフカの人生論」 カフカ(新潮文庫)

「人間を守る読書」 四方田犬彦(文藝春秋)

「本屋はサイコー」安藤哲也(新潮OH!文庫)

「完本しなやかな日本列島のつくりかた 藻谷浩介対談集」 藻谷浩介(新潮文庫)

「養老孟司特別講義 手入れという思想」 養老孟司 (新潮文庫)

「夜と女と毛沢東」 吉本隆明、辺見庸(文春文庫)

「虫眼とアニ眼」 養老孟司・宮崎駿 (新潮文庫)

「くっすん大黒」 町田康(文春文庫)

『世界と闘う「読書術」思想を鍛える1000冊』 佐高信・佐藤優(集英社新書)

「被差別のグルメ」 上原善広(新潮新書)

「セルフビルドの 家やまちは自分で作る世界」 石山修武・文 中里和人・写真(ちくま文庫)

「一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教」 内田樹・中田考(集英社新書)

「最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常」 二宮敦人(新潮文庫)

令和4年度海南市プレミアムクーポン券使えます

令和4年9月1日(木)から始まりました海南市プレミアムクーポン券。

当本屋でも使っていただけます!

ぜひこの際、お得なクーポン券を使って本を買われてはいかがでしょうか。

店頭にない本でもお取り寄せできますので(時間がかかることと一部出版社は取り寄せ難しいですが)、ぜひ普段本を読まない方もぜひ読書の秋に向けて本を買われてはいかがでしょうか。

期間は令和5年2月28日(火)まで。ぜひご来店お待ちしております。

IN/SECTSの本、入荷しました

今年2022年のゴールデンウィークに当工場にも来てくれた大阪のIN/SECTSの本入荷しております。

IN/SECTS 最新号vol.15は特集家事。もはやこの時代、夫婦で家事の分業なんて当たり前です。日曜日の夜になったらいつも思うのですが、「サザエさん」の波平とマスオに呑んで帰ってばかりじゃなく、たまには「家事をしなさい」と誰か言ってやってください。

本日の新刊情報

今週の新刊情報です。

今週は本の雑誌社や作品社が多めに入荷しております。今週もどうぞよろしくお願い致します。

「エリック・ホッファー自伝 構想された真実」 エリック・ホッファー著 中本義彦訳(作品社)

「エリック・ホッファー 魂の錬金術 全アフォリズム」エリック・ホッファー著 中本義彦訳 (作品社)

「アメリカを巡る旅」リッキー・ゲイツ著 川鍋明日香訳 (木星社)

「カヨと私」 内澤旬子 著 (本の雑誌社)

「早稲田古本劇場」 向井透史 著 (本の雑誌社)

「ビトナ ソウルの空の下で」 ル・クレジオ著 中地義和 訳 (作品社)

「オーガニック・アメリカンズ」 トム宮川コールトン(木楽舎)

「You are what you read あなたは読んだものに他ならない」 服部文祥 著 (本の雑誌社)

「(私家版)青春デンデケデケデケ」 芦原すなお 著 (作品社)

「読む京都」 入江敦彦 著 (本の雑誌社)

「ニッポン47都道府県正直観光案内」宮田珠己 著 (本の雑誌社)

「言い残しておくこと」鶴見俊輔 著 (作品社)

今週もよろしくお願い致します!

僕の好きなBRUTUS①

ぼくの好きなマガジンハウスのBRUTUS、1冊目は2006年8月1号。特集は「10日間のバカンス計画」。

なにが好きかって、まず表紙が世界文化遺産タオス・プエブロ。
多くのネイティブアメリカンが暮らすニューメキシコ州タオスにあるタオス・プエブロは今だに人が住んでいることで知られる世界遺産。
このBRUTUSの記事の中にも、「NYやLAのような都市だけを見てアメリカを分かった気になっていると痛い目に遭う。その間を占める広大な空白こそ、まさにアメリカだったりするのだから」と書かれていてそれをまさに体現したような旅をしたのが2009年のアメリカ横断でした。
ただサンタフェとラスベガスでレンタカーを借り、2回トライしたものの、2回とも宗教儀式とかで訪れることがかなわなかったタオス・プエブロ。
いつか再訪したいと思っていますがまだまだ実現できてないし、行けなかったこともあって余計に喉の奥に刺さった魚の小さい骨のようにずっとタオス・プエブロという場所が残り、刺さり続けているような気がします。

「燕は戻ってこない」 桐野夏生

夫婦ともども桐野夏生が好きで、「OUT」や「ポリティコン」、「東京島」など何年かに一度、桐野夏生の作品世界に没入しますが久しぶりに桐野夏生の最新長編「燕は戻ってこない」を読みました。
桐野夏生らしい人間の醜い部分、弱い部分、隠しておきたい部分を露わにする作品世界や読者をぐいぐいと引き込むストーリーテリングの力にまたいつもの感じがきたなと思いながらページを捲りました。
作品の内容自体は省略しますが、今回の「燕は戻ってこない」は記憶する今までの桐野作品とは異なり、ハッピーエンドというか、希望を少しのぞかせて終わったような、今までとは違う読後感がありました。
面白い小説家、作家って読んだ本だけに終わらず、他の作品にも手を伸ばしたくなるものです。
もう一冊、桐野夏生の作品世界に入りこみたいなとまだまだ余韻に浸っています。